2015年11月14日

土御門「新グループ結成だにゃー」 5/5

815 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:26:39.09 ID:V5AKUdAs0

〜 場所戻り武里高校の体育館 〜



教頭「続きまして英語を担当して下さるウィリアム=オルウェル先生です」


アックア「イギリスから参ったウィリアム=オルウェルと申す。よろしくお願いするのである」



上土「」


上土「んなっ!!??」

土御門「新グループ結成だにゃー」
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1298/12982/1298219421.html


フレンダ「どうしたの?上条君、土御門」


上条「い、いや……なんでもないぞ」


土御門「何でもないぜよ……」


上条(なんでアックアが!?まさかまた俺の右腕を狙って……)


上条(いや、イギリスで共闘したし……でも仲間になったわけじゃない)
816 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:27:37.51 ID:V5AKUdAs0

土御門(何故神の右席が!?まさか上やんの右腕を狙って……)


土御門(くっ!?木原でも厄介なのにそれ以上に厄介な奴がきやがった!!)


上条「土御門」ヒソヒソ


土御門「なんだ、上やん」ヒソヒソ


上条「あいつ、神の右席の一人だぞ」ヒソヒソ


土御門「知っている」ヒソヒソ


上条「何でうちの学校に来てんだよ」ヒソヒソ


土御門「俺にもわからん」ヒソヒソ


上条「土御門でも知らなかったのか」ヒソヒソ
817 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:28:24.15 ID:V5AKUdAs0

土御門「あとで必要悪の教会に問い合わせておく」ヒソヒソ


上条「頼む」ヒソヒソ


上条(くそっ!!一体どうなってやがる!)


上条(何がローマ正教はもう俺のこと狙わないだ!フィアンマの嘘つき〜!)



〜 同時刻 ドイツ ベルリン 〜



フィアンマ「へっくし!」


フィアンマ「……なんだ、誰か俺様の噂でもしてるのか?」
818 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:29:33.46 ID:V5AKUdAs0

レッサー「貴方なら沢山の人に恨み買ってそうですもんね」ニッコリ


フィアンマ「黙れ、というよりいつまで俺様についてくるのだ?」


レッサー「もちろん……あなたがOKと言うまでですよ♪」


フィアンマ「俺様は仮にもローマ正教の神の右席だった男だぞ……」


レッサー「過去のことなんか関係ないですよ。大事なのは未来です」


フィアンマ「ふむ。それも一理あるな」


レッサー「なのでこちら側に入って下さいよ」


フィアンマ「……今は何処にも所属するつもりはない。俺様にはやらなければいけないことがあるからな」


レッサー(むむむ……手ごわいですね)


レッサー(でも諦めませんよ。我が国の為にも……)
819 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:30:29.74 ID:V5AKUdAs0

〜 武里高校 体育館 〜



教頭「……では以上で始業式を終わります。皆さん各自教室に戻って下さい」



小萌先生「はーい、皆さんさっさと教室に戻りますよー」


上条「小萌先生、ちょっとトイレ行って来ていいですか?」


小萌先生「生理現象なら仕方ないのです」


上条「す、すいません!」ダダダッ



上条(あいつと直接話して真意を聞かなければ!!)



上条「アックア!!」


アックア「ぬ?」


上条「……」ハァハァ


アックア「上条当麻であるか。まさかお前の学校とはな」
820 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:31:00.11 ID:V5AKUdAs0

上条「何故学園都市に来た?」


アックア「……ふむ。ここでは聞かれると少々まずいので移動するのである」


上条「お、おう……」



〜 非常階段 〜



上条「んで神の右席であるお前が何故学園都市に……そして英語教師として来てるんだよ?」


アックア「なに……簡単なことだ」


上条「」ゴクッ


アックア「社会勉強である」


上条「」


上条「………………へ?」
821 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:31:49.74 ID:V5AKUdAs0

アックア「ヴィリアンに言われてな……私は傭兵として戦うことしか能がなかった者であるからな」


アックア「一度社会に出て、表の世界の仕事をして来なさいと命じられたのである」


上条(何故ヴィリアンがアックアに?)


アックア「そこでアレイスターからここの高校の英語教師の仕事を与えられたのである」


上条「なんか信じられない話だな……」


アックア「うむ。自分でもまさか教師になるとは思ってなかったのである」


上条「とりあえず俺の右手を狙ってきたわけではないのね?」


アックア「その通りである」


上条「」ホッ


上条「んじゃー俺教室戻るから……頑張れよ」


アックア「うむ」
822 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:33:58.01 ID:V5AKUdAs0

〜 上条のクラスの教室 〜



小萌先生「みなさーん、新しい副担任の先生を紹介をするのです」


小萌先生「始業式でも紹介しましたが木原先生、お願いするのです」


木原「うす」


木原「能力開発とお前らの副担任を担うことになった木原数多だ。よろしくなぁ」


クラス一同「」


クラス一同(やっぱり顔にタトゥーしてるよ!!!)ビクビク


木原(何故びびられてんだ?俺……)



ガラガラ



一方通行「木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!」
823 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:34:48.61 ID:V5AKUdAs0

木原「!?」


土御門「なっ!?」


上条「一方通行!!??」


クラス一同「!?」


小萌先生「あ、あなたは黄泉川先生のところの?」


土御門(まさか教室に乗り込んでくるとは……)


上条(あいつも転校生なのか!?)


小萌先生「な、なんの用なのです?」


一方通行「俺が用があんのはそいつだけだァ……」ギロッ


木原「……」
824 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:35:48.17 ID:V5AKUdAs0

木原「おいおい、目上の人にそいつ呼ばわりはないだろうがあ」


一方通行「あン?頭イカれちゃってるんですかァァァァ?」


木原「ったくよぉ……」


木原「わかった、わかった……ここじゃまずいからついてこい」


一方通行「俺に指図してんじゃねェェぞォォォ!!」


クラス一同「」ビクッ


木原「おら、俺の可愛い生徒達が怖がってんじゃねーかぁ」
825 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:36:28.63 ID:V5AKUdAs0

クラス一同「」ブルブル


一方通行「っち……」


木原「屋上行くぞ」


一方通行「……」


木原「んじゃー、小萌先生。ちょっくらこいつと話してくるんで後はよろしくお願いしますわ」


小萌先生「は、はぁ……」


上条「どうなってんだ……」ポカーン



〜 屋上 〜



木原「―――――――――――ってなわけだ。理解してくれたかな?一方通行くん」
826 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:37:51.55 ID:V5AKUdAs0

一方通行「てめぇもあのクソメルヘンと同じで生き返ったとはな……」


木原「……」


一方通行「まァいい……もう一度ぶっ殺してやんよォ」カチッ


木原「」スッ



その時、学園都市最強の男の目には信じられない光景が映っていた。
そう、あの木原数多が彼の前で土下座をしているのだった。



一方通行「」


一方通行「木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!一体何の冗談なのかなァァァ!?」


木原「……今まですまなかった」


一方通行「」


一方通行「…………はァ!?」
827 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:38:36.08 ID:V5AKUdAs0

木原「以前の俺はどうしようもねえクズだった……人の命も命と思えねーほどになぁ」


一方通行「……」


木原「今思えば打ち止めだって一人の人間なんだよな……」


木原「それを俺は実験動物のように扱ってよぉ……」


一方通行(意味がわかんねェ……)


木原「アレイスターの命令だからってあんな小さい子に酷いことしようとしたなんてよぉ……」


一方通行「……」


木原「俺が悪かった、許してくれ一方通行」


一方通行「っ!!!???」


一方通行(クソがァ……一体どうなってやがる……)
828 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:39:23.95 ID:V5AKUdAs0

一方通行(いや、待て!あのクソメルヘンも性格が少し……)


木原「……」


一方通行(生き返った時に性格いじられたのか?)


一方通行「っち」


一方通行「調子がくるうぜェ……」


木原「一方通行?」


一方通行「なんかどうでもよくなっちまった……」


木原「……」


一方通行「帰る……」


木原「お、おい!いいのかよ?」
829 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/24(木) 22:40:44.58 ID:V5AKUdAs0

一方通行「……もう一度打ち止めに近づいたらあの世いきだけどな」


木原「一方通行……」


一方通行「じゃーなァ、木原くンよォ」


木原「……」



そういい残し、学園都市最強の男は木原の前から姿を消した。



木原「……」


木原(ありがとよぉ……一方通行……)


木原(俺は目指すぜ!グレートなティーチャーをよぉ!!)



木原数多。後にGTAと呼ばれる教師の誕生の瞬間だった。
830 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage]:2011/03/24(木) 22:42:27.95 ID:DZpHgQzto
Great Teacher Amata

843 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:12:09.30 ID:oaU+KEQ+0


〜 1月7日 武里高校 お昼休み 〜



上条「やっと昼休みかー」


土御門「午前からマラソンとか死ぬぜよ……」


フレンダ「久しぶりに走ったらかなり疲れたわけよ……」


青ピ「さっさと昼飯食おうや」


上条「おう」


土御門「んじゃー机並べるぜよ」


姫神「うん。」
844 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:12:47.71 ID:oaU+KEQ+0







吹寄「それでは……」


一同「いただきます!」


上条「うん、今日は我ながら良い出来ですな」モグモグ


青ピ「何、自画自賛してんねん」


土御門「上やん、最近弁当ばっかりだにゃー」


上条「残り物があるからな」


上条「まー姫神の弁当と比べれば大したことないけどよ」


姫神「V。」ピースサイン
845 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:13:31.26 ID:oaU+KEQ+0

上条「青髪も吹寄もパンばっかで飽きないのか?」


吹寄「うるさい、パンでも色んなパンがあるのよ」


青ピ「ボクは下宿先の店の残り物やから節約やで」


上条(節約って……お前レベル5だろうが……)


姫神「それにしても。」ジー


フレンダ「ん?」モグモグ


姫神「フレンダさんは。サバ缶好きなの?」


土御門「確かに昨日もサバ缶だったにゃー」モグモグ
846 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:15:10.54 ID:oaU+KEQ+0

フレンダ「姫神さん」


姫神「なに?」


フレンダ「私のサバ缶への愛情は好きってもんじゃないわけよ」キリッ


姫神「え?」


フレンダ「LIKEじゃないの!そう、LOVEよ!」


一同「」ポカーン


その後、フレンダのサバ缶への話は10分以上続いた……

847 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:15:54.63 ID:oaU+KEQ+0

〜 同日 5時限目 〜



アックア「ではここの文を吹寄、お願いするのである」


吹寄「はい!」


吹寄「……いや、彼はとてつもないものを盗んでいきました。あなたの心です」


アックア「うむ、見事である」


アックア「次は名無、お願いするのである」


名無「はい!」


名無「これは折られたモップの分。モップはてめぇが……」


アックア「うむ、次は―――――――――」
848 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:17:11.07 ID:oaU+KEQ+0

女子A「ねー」ヒソヒソ


女子B「なに?」ヒソヒソ


女子A「ウィリアム先生って渋くてよくない?」


女子B「あ、私も思ってた!」


女子A「だよねー」


女子B「うん」


上条「……」


上条(アックアって意外ともてるんだなー……)


上条(ていうか、ちゃんと教師できてんな……)


フレンダ「どうしたの?上条君」


上条「いや、何でも」



アックア「次、上条」


上条「」ピクッ
849 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:18:00.36 ID:oaU+KEQ+0

〜 同日 6時限目 〜



木原「ってなわけだぁ、そもそもパーソナルリアリティってのはなぁ――――」


土御門「……」


土御門(一方通行から木原のことを聞いたが……)


土御門(まさか性格が改造されてるとはな……)


土御門(アレイスターめ……神の領域にでも入り込んだか)



女子D「ねぇ」ヒソヒソ


女子E「ん?」ヒソヒソ


女子D「土御門君が珍しく真面目な顔してるよ」
850 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:18:44.08 ID:oaU+KEQ+0

女子E「え?あっ、本当だ」


女子D「ちょっとかっこいいよね?」


女子E「んー確かにそうかも……」



青ピ「」ピクッ


青ピ(それならボクも真面目な顔でいれば……)


青ピ「」キリッ



〜 30分後 〜



青ピ「」キリッ



キンコーンカンコーン♪



木原「おおし、今日はここまでだぁ」
851 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:19:46.61 ID:oaU+KEQ+0

木原「課題の提出は次の授業までだからなぁ」

                          ノーズブレイカー
木原「忘れた奴は俺の靴の匂いを嗅がす。そうだなぁ、『鼻殺し』とでも呼ぼうか」


クラス一同(なんじゃそりゃ……)


青ピ「」キリッ


吹寄「青髪」


青ピ「なんや?」キリッ


吹寄(何、変顔してるのかしら?)


吹寄「挨拶!」
852 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:21:28.42 ID:oaU+KEQ+0

青ピ「あっ……」


青ピ「きをつけー、ありがとうございました」


クラス一同「あしたー」


木原「おう、またなー」



ガラガラ



青ピ(何でや……真面目な顔キープしてたのに……)


青ピ(何でやぁぁぁぁぁぁ!!!)


土御門「?」
853 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:22:34.14 ID:oaU+KEQ+0

〜 翌日 木原くンの授業 〜



木原「――――――んで課題忘れたのは上条、土御門、青髪、フレンダの4人か」


上土青フ「すいませんでしたー」ペコリ


木原「まーお前らは風紀委員でも忙しいからな……」


上土青フ「」ホッ


木原「ところがぎっちょん!」


上土青フ「」ビクッ


木原「約束は約束だぁ。罰として『鼻殺し』の刑だ」


上土青フ()ブルブル
854 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:24:20.75 ID:oaU+KEQ+0

木原「まずは……上条、お前が嗅げ!」


上条(俺からかよ!!)アセアセ


木原「ほら、気合入れろぉ」スッ


上条(くっ!俺の幻想殺しじゃ鼻殺しは殺せない……)


上条(こうなったらやけくそだぁぁぁぁ)


土御門(幻想殺し VS 鼻殺し)


青ピ(異能の力じゃなければ幻想殺しは通じない……)


フレンダ(けれど上条君なら……)


土御門(きっと……)
855 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:25:10.34 ID:oaU+KEQ+0

青ピ(やってくれるはずや……)


上条(まずはその臭いをぶっ殺す!!)クンクン


土青フ「」ゴクッ


上条「」


上条「……」バタン


土青フ「上やーーーん(上条くーーーーん)!!!!」


上条「」チーン


木原「俺の鼻殺しに幻想殺しは通用しねー」


木原「さて次は……」


土青フ「」ブルブル
856 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:27:03.17 ID:oaU+KEQ+0

――――1分後



土青フ「」チーン


木原「ってなわけで、課題忘れた奴はこうなるからお前ら気をつけろよぉ」


クラス一同「」コクリコクリ



〜 同日 下校時間 〜



上条「ったく……今日は酷い目にあったぜ」


土御門「上やーん、第一七七支部行くぜよ」


上条「あっ、わりー!今日掃除当番だから先行っててくれ」


青ピ「了解や」


フレンダ「じゃあー先行って待ってるね!」


上条「おう!」



土御門「青髪、上やんいないから瞬間移動頼むぜよ」


青ピ「もう少し学校離れてからやなら」


フレンダ「もうばれてもいいんじゃない?」
857 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:27:50.92 ID:oaU+KEQ+0

〜 15分後 〜



上条「ふ〜、こんなもんか」


吹寄「上条にしてはてきぱきとできたじゃない」


上条「うるせー!それより……」ニヤッ


吹寄「な、なによ?」


上条「いや〜、垣根から報告を受けましてね……」


吹寄「んなっ!?」


吹寄(あの馬鹿!恥ずかしいから上条達には言うなって言っておいたのに!!)


上条「上条さんは吹寄さんに彼氏が出来てよかったと思いますよ〜」
858 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:28:59.51 ID:oaU+KEQ+0

吹寄「う、うるさい///」


上条「あらら、顔真っ赤にしちゃって〜」


上条「垣根、今日休みだからこの後デートとかか〜?」


吹寄「」イラッ


吹寄「上条……」


上条「ん?」


吹寄「ふん!!」ドガッ


上条「ぐはっ!!!??」バタン
859 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:29:29.25 ID:oaU+KEQ+0

吹寄「あんまり私をからかわないことね」


上条「す、すみばぜんでした……」


吹寄「ところで上条当麻、貴様はどうなのよ?」


上条「え、俺?何が?」


吹寄「……姫神さんよ、姫神さん!」


上条「姫神がどうかしたのか?」キョトン


吹寄「えっ!?」


上条「ん?」
860 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/25(金) 22:30:14.14 ID:oaU+KEQ+0

吹寄(この男……わざわざクリスマスイヴに料理作りに行ったのに姫神さんの気持ち気づいてないの!?)


上条「おーい」


吹寄(姫神さん……ドンマイ……)


上条「だから姫神がどうしたんだよー?」


吹寄「な、何でもないわよっ!」


上条「おいおい、急に怒るなよ」


吹寄「誰のせいだと思ってるのよ!!」


上条(何故、俺が怒られてんだ?)
870 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:33:35.62 ID:sHBX9/f60

〜 同日 第一七七支部 〜


土御門達の前には大量の資料の山が置かれていた。


土御門「う……」


海原「これはこれは……」


滝壺「凄い量だね」


初春「あはは……」



―――さかのぼること5分前



固法『土御門君、海原君、滝壺さん、初春さんの4人に去年の資料のまとめをお願いするわね』


土海滝初『はい』


固法『結構な量だから期限は今週中でいいわよ。パトロールも他の人で回すから』


土御門(やったぜい!こんな寒い中パトロールしなくてすむなんてついてるにゃー!!)
871 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:34:26.66 ID:sHBX9/f60


浜面『いいなー俺もやりてーな……』ジー


麦野『あんたがやったらミスだらけになるでしょうが』


絹旗『ですよね』


フレンダ『仕事量が2倍になるってわけよ』


浜面『お、お前ら……言いたい放題いいやがって……』


浜面『いいですよーだ!浜面号の掃除でもしてきますよーだ』


絹旗『うげ、なんてセンスのない名前を車につけてるんですか!』


フレンダ『すぐ事故りそうな名前ね』


浜面『ははは……俺の立場っていつまでも変わらねーな……』シクシク
872 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:35:28.20 ID:sHBX9/f60

―――現在



土御門(くっ、流石に1年分の資料のまとめはきついぜよ)


海原「これは残業覚悟でやるしかありませんね」


滝壺「……」


初春「だ、大丈夫ですよぉ!私達4人で頑張れば何とかなります!」アセアセ


固法「ちょっと大変だろうけどよろしくね」ニッコリ


土御門(ちょっとどころじゃないぜよ……)


土御門「まっ、文句言ってても始らないしさっさと取り掛かるぜよ」


海原「ええ」


滝壺「」コクリ


初春「はい!」
873 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:36:33.45 ID:sHBX9/f60








初春「もう19時半ですし今日はこの辺にしますかぁ」


海原「ですね」


土御門「だにゃー」


滝壺「今週中ならなんとかなりそう……」


初春「確かにこれならそこまで残らなくても大丈夫そうですねぇ」


海原「初春さんが適切な指示をしてくれるおかげですね」


初春「そ、そんなことないですよぉぉ」アセアセ


海原「では帰りましょうか」


滝壺「うん。お腹も減った」
874 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:37:29.74 ID:sHBX9/f60







ギー ガシャン


初春「戸締りオッケーです!皆さん、お疲れ様でした」


滝壺「おつかれ」


土御門「お疲れだぜい」


海原「お疲れ様です。あ、そうそう土御門さん」


土御門「なにぜよ?」


海原「もうこんな時間ですし女性陣を送っていったほうがいいのでは?」


土御門「……だにゃー」


初春「だ、大丈夫ですよぉ」
875 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:38:33.46 ID:sHBX9/f60

海原「しかしこんな夜道をか弱い女性一人では……」


滝壺「ういはる」ツンツン


初春「滝壺さん?」


滝壺「ここは素直に甘えよう。意外にうなばらは頑固だし」


初春「は、はい……」


土御門「……んじゃー俺が初春さんを送ってくぜよ!どうせ途中まで帰り道一緒だしな」


初春「よ、よろしくお願いします!」


海原「送り狼にならないで下さいよ」ニッコリ
876 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:39:24.25 ID:sHBX9/f60

土御門「お前は何を言ってるぜよ!俺は舞夏一筋だにゃー!!」


海原「冗談ですよ」


海原「では自分が滝壺さんを送ります」


土御門「了解だにゃー。んじゃー、初春さん行くぜよ」


初春「はーい」


滝壺「ういはる、つちみかど、また明日」フリフリ


海原「では自分達も行きますか?」


滝壺「うん」
877 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:40:36.59 ID:sHBX9/f60

〜 帰り道 土御門・初春 〜



土御門「やっぱ1月は冷えるぜよ……」


初春「ですねぇ」


初春「……土御門さん」


土御門「何だにゃー?」


初春「……土御門さんは何で風紀委員に協力しようと思ったんですか?」


土御門「!?」


初春「あ、すみません!言いたくないのなら言わなくてもいいですので」アセアセ


土御門「……」
878 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:41:20.35 ID:sHBX9/f60

土御門(風紀委員か……)


土御門「……守りたい人達がいるからぜよ」


初春「え?」


土御門「俺はそいつらがこの学園都市で平和に暮らせる為なら何だってする覚悟だ」


初春「」キョトン


土御門「……」


土御門(し、しまったぜよ!つい本音を言ってしまったにゃー!!!)アセアセ


初春「……」


初春「土御門さん……」
879 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:42:15.14 ID:sHBX9/f60

土御門「な、何ぜよ?」


初春「わたし……わたし……」


初春「感動しましたぁぁぁぁ!!!」


土御門「…………え!?」


初春「す、素晴らしいです!」


土御門「は、はぁ……」


初春「そんな立派な決意をして風紀委員に協力してくれてるなんて……」


初春「まさに風紀委員の鏡です!!!」


土御門(初春さん……目が輝いてるぜよ)


初春「実はですね私が風紀委員になったのは土御門さんみたいな立派な理由でもないんですよ……」


土御門「……」
880 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:43:02.24 ID:sHBX9/f60

初春「……私レベル1で運動神経もなくて……そんな自分を変えたくて風紀委員になれば少しは変われるのかなって……」


土御門「……」


初春「一応、風紀委員にはなれたんですが皆さんの足を引っ張ってばかりで……」タハハ


土御門「そんなことないぜよ」


初春「え?」


土御門「初春さんの情報処理能力はかなりのもんだぜい!前の山王銀行の強盗事件があったの覚えてるかにゃー?」


初春「え、はい」


土御門「あんなに早く犯人達の情報を掴めるのは俺の知ってる中では初春さんくらいだぜい」


初春「……」


土御門「だからもっと自分に自信を持ってもいいと思うんだぜい?」
881 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:43:52.00 ID:sHBX9/f60

初春「土御門さん……」


初春「あ、ありがとうございます!」


土御門「どうしたしましてだにゃー」


初春「わたし、もっとやる気が出てきましたぁ!」


土御門「それはよかったぜよ」


初春「あの……」


土御門「ん?」


初春「さっき『俺の知ってる中では』と言ってましたけど以前も何処かの支部に所属してたんですかぁ?」


土御門「」ギクッ


土御門(しまったぜい……励ます為についうっかりと……)
882 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:44:39.72 ID:sHBX9/f60

土御門「まっ、そういうことだにゃー」アセアセ


初春「そうだったんですかぁ!初耳でしたよぉ」







初春「あっ、私の学生寮見えてきました」


土御門「おっ、綺麗な学生寮だにゃー」


初春「また築3年くらいですからね」







初春「では今日は送っていただいてありがとうございましたぁ」ニッコリ
883 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:45:15.73 ID:sHBX9/f60

土御門「どういたしましてだにゃー」


初春「ではまた明日!」


土御門「おやすみだぜい」フリフリ


初春「おやすみなさぁい!」



ギー バタン



土御門「……」


土御門「さて……愛しの舞夏が待つ我が家へ帰るとするぜよ!」
884 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:45:52.27 ID:sHBX9/f60

〜 初春宅 〜



初春「ただいまぁ〜」


春上「おかえりなさいなの」


初春「あっ、いい匂いがしますね」


春上「今晩はビーフシチューなの」


初春「春上さん、ありがとうございます」


春上「どういたしましてなの」


初春「じゃあー私先に着替えてきますね」


春上「うん」ジー


初春「どうしたんですかぁ?」
885 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:47:04.94 ID:sHBX9/f60

春上「初春さん、何かいいことあった?」


初春「え?何でですかぁ?」


春上「何かいつもよりいい笑顔してると思ったの」


初春「え?」


春上「私の勘違いだったらごめんなさいなの」


初春「……」


初春「勘違いじゃないですよ」


春上「え?」


初春「少しだけですけど……いいことありましたから!」ニッコリ
886 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:47:42.33 ID:sHBX9/f60

〜 同時刻 マッ○ 〜



滝壺「」モグモグ


海原「」モグモグ


海原「しかし……」


滝壺「?」


海原「本当にマッ○お好きですね、滝壺さんは」


滝壺「うなばらはマッ○嫌い?」


海原「いえいえ、自分も好きですよ」ニッコリ


滝壺「ならよかった」
887 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:49:16.37 ID:sHBX9/f60

海原「しかしプチパンケーキだけで足りるのでしょうか?」


滝壺「わたし少食だからこれで十分」


海原「はぁ……」


滝壺「うなばらは一人ではマッ○行かないの?」


海原「そうですね……今思うと滝壺さんと浜面さんとばかり行ってますね」


滝壺「そうなんだ」


海原「ええ。基本はコンビニ弁当ですましてますから」


海原「そういえば今日は浜面さんは大丈夫なんですか?」


滝壺「うん。友達とご飯食べにいくって言ってた」


海原「なるほど。だから自分が誘われたわけですね」
888 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:50:06.63 ID:sHBX9/f60

滝壺「いやだった?」


海原「いえいえ、一人で食事するより友人と食事した方がいいですしね」


滝壺(友人……)ニマァ



〜 30分後 滝壺宅前 〜



海原「では自分はこれで」


滝壺「送ってくれてありがとう」


海原「いえいえ、ではまた明日」


滝壺「うなばら」


海原「はい?」


滝壺「……またマッ○付き合ってくれる?」


海原「……もちろんですよ」ニッコリ


滝壺「ありがとう」ニコッ
889 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/27(日) 22:50:48.74 ID:sHBX9/f60

海原「ではゆっくり休んで下さいね」


滝壺「うん。おやすみ」



滝壺(あれ?鍵が開いてる……)


ギー


絹旗「あっ、お帰りなさいです」


滝壺「絹旗、来てたんだ」


絹旗「はい、超お邪魔してます」


滝壺「言ってくれれば早く帰ってきたのに」


絹旗「何処か行ってたんですか?」


滝壺「マッ○」


絹旗「またですか!?滝壺さんは本当にマッ○超好きですね」


滝壺「まーね」


絹旗「一人で行ってたんですか?」


滝壺「ううん……」


滝壺「友達と」ニッコリ

902 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:11:18.87 ID:f5jeO8z00

〜 とある日 窓もドアもないビル 〜



土御門「何のようだ?アレイスター」


アレイスター「ふむ。風紀委員の活動はどうだね?」


土御門「貴様と世間話をしに来たつもりじゃないんだ。さっさと本題に入れ」


アレイスター「」シュン


アレイスター「うむ。1週間前にとある魔術結社から予告状が来てね……」


土御門「予告状だと?」


アレイスター「内容は幻想殺しと英国にいる禁書目録を誘拐すると書いてあった」


土御門「」


土御門「何だと?何故俺にもっと早く言わなかった!?」
903 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:12:06.38 ID:f5jeO8z00

アレイスター「君は風紀委員の活動で忙しいだろう?それに……」


土御門「……それに?」


アレイスター「既に問題は解決済みだ」


土御門「何?お前が外に出たのか?」


アレイスター「まさか。友好条約を結んでいるイギリス正教、ローマ正教、ロシア正教にお願いをしてね」


土御門「!?」


アレイスター「よほど上条当麻と禁書目録は人望があったようだ」


土御門「……」
904 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:13:54.05 ID:f5jeO8z00

アレイスター「予告状を送ってきた魔術結社に学園都市から風斬、エイワス。魔術側から神裂、ステイル、シェリー、天草十字教全員、
        アニェーゼ部隊全員、騎士団長と騎士団全員、オリアナ、 新たなる光(フロリス以外)、サーシャ、ワシリーサ、
        ローマ正教の魔術師、たまたま現地にいた右方のフィアンマが乗り込み既に魔術結社は完全に壊滅状態だ」


土御門「」ポカーン


土御門「……て、敵の人数は?」


アレイスター「30人」


土御門「30人だとっ!?」


土御門(……確かアニェーゼ部隊は250人、騎士団は千単位だったはず)


土御門(相手が可哀想すぎるぜよ……)


アレイスター「というわけで事後報告だ。ちなみにお礼として各正教に学園都市最新の家電製品を送っておいた」


土御門「そ、そうか……」


アレイスター「これからも風紀委員の活動をよろしく頼むぞ」


土御門「言われなくても」


※アレイスターの台詞で魔術師達のお名前は省略させて頂きました。
905 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:15:45.25 ID:f5jeO8z00

アレイスター「頼もしいかぎりだ。む?そろそろか……おい」


側近「はい!」ガラガラ


土御門(テレビ?)


土御門「何だ?俺に何か映像でも見せるつもりか?」


アレイスター「君への用件は終わったよ。これは私がTVを見るためだ」


土御門「?」


アレイスター「そろそろ『ちびまる子ちゃん』の放送時間なのでな」


土御門「」


アレイスター「忙しいところ呼んで悪かった。また会おう。おい」
906 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:16:38.71 ID:f5jeO8z00

案内人「うぃーっす!」


案内人「さあ、オラに触れて下さい」


土御門「」ポカーン


案内人「土御門様?」


土御門「……あっ、悪かった」ポン


案内人「では」



シュン



アレイスター「……」


アレイスター「ふむ。今日は山根君がメインの話か」


アレイスター「楽しみだ」ニヤリ
907 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:18:09.72 ID:f5jeO8z00

〜 1月10日 上条宅 〜



上条「…………」


上条(まさか風邪引くなんてな……)


上条(頭痛いし、寒気止まらねー……)ブルブル


上条「不幸だ……」



―――さかのぼること1時間前



上条『うーん……』


上条『さて今日も学校いきますか!ってあれ……』グラッ


上条『おっとっと』


上条『なんだ?って体が凄い重い……寒気もする』


上条『まさか……』
908 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:19:01.13 ID:f5jeO8z00


ピピピッ


上条『39度5分……』


上条『マジかよ……』



―――現在



上条(そろそろ学校に電話するか)


上条「もしもし――――――」



〜 武里高校 〜



フレンダ「あれ、上条君まだ来てないんだ」


吹寄「どうせ遅刻でしょ」


姫神「」コクリ



ガラガラ



小萌先生「皆さん、おはようなのでーす」
909 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:20:03.99 ID:f5jeO8z00

クラス一同「おはようございます」


小萌先生「では早速出席を取るのです」


小萌先生「―――――――上条ちゃんは風邪の為お休みなのです」


フレンダ(上条君が……)


姫神(風邪。)


土御門「上やんが風邪って珍しいぜよ」


青ピ「せやなー」


吹寄「馬鹿でも風邪は引くってことね」


小萌先生「続いて―――――――」
910 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:20:49.60 ID:f5jeO8z00

〜 お昼休み 〜



吹寄「しかし……」


一同「?」


吹寄「上条が風邪で休むなんて珍しいわね。2学期は法事でよく休んでたけど」


土御門「」ギクッ


姫神「彼も。色々大変だったから疲れが来たのかも。」


土御門「」ギクッ


青ピ「せやな」


フレンダ「…………」


フレンダ(これはチャンス!お見舞いに行って看病をして上条君のハートを……)


姫神(……看病をしに行こう。今度は私が彼を助ける番。)

911 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:21:30.08 ID:f5jeO8z00

〜 放課後 〜



フレンダ「じゃあーお先に失礼するわね!」


姫神「私もお先に。」


吹寄「また明日ね」



〜 20分後 下校途中 〜



フレンダ「あれ、姫神さんの家ってこっちだったけ?」


姫神「違う。」


フレンダ「こっちに用事でもあるわけ?」


姫神「」コクリ


姫神「上条君の看病をしようかと思って。」


フレンダ「」
912 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:22:10.58 ID:f5jeO8z00

フレンダ(何ですってぇぇぇぇぇ!?)


フレンダ(もしかして……)


フレンダ「あの姫神さん……」


姫神「何?」


フレンダ「もしかして姫神さんも上条君のこと好きなわけ?」


姫神「もってことはフレンダさんも?」


フレンダ「」コクリ


姫神「……」


姫フ(またライバルが増えたぁぁぁぁぁ!!!)
913 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:22:56.91 ID:f5jeO8z00

フレンダ「……」


姫神「……」


フレンダ「姫神さん、お友達でもこれだけは譲れないわけよ」


姫神「私も。負けるつもりはない。」


フレンダ「……」


姫神「……」



バチバチバチ



フレンダ「勝負ね」


姫神「望むところ。」

914 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:23:39.09 ID:f5jeO8z00

〜 10分後 上条宅 〜



ピンポーン



上条(ん?誰か来たのか?)


上条「よっころしょ」ヌクッ



ガチャ



上条「はい…」


フレンダ「やっほー!」


姫神「こんにちは。」


上条「フレンダと姫神?どうしたんだ?」


姫神「看病を。」


フレンダ「しにきたわけよ!」フンスッ

915 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:24:15.69 ID:f5jeO8z00

上条「」


上条「え?」


姫神「とりあえず。あがらせてもらう。」


フレンダ「お邪魔します!」


上条「えっと……」


フレンダ「上条君は横になってて!」


上条「あ、ああ」


姫神「上条君。おかゆ作るから材料借りるね。」


上条「おかゆ作ってくれるのか?ありがとな……」


姫神「気にしないで。」

916 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:25:06.96 ID:f5jeO8z00

フレンダ(くっ……私もおかゆ作れたら……)


フレンダ「じゃあー、私はお洗濯しておくね」


上条「わ、悪いな」


フレンダ「気にしないで欲しいわけよ」


上条「2人とも、ありがとうな」


フレンダ「ううん」


姫神「私が。したいだけだから。」


フレンダ「……」チラッ


姫神「……」ジー



バチバチッ

917 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:26:08.15 ID:f5jeO8z00

〜 洗面所 〜



フレンダ「これとこれね!」


フレンダ(ってこれ……)


フレンダ(上条君の……パンツじゃない///)


フレンダ「」ジー バサッ


フレンダ(って私は何をやってるわけよ!!)


フレンダ(そ、そうよ……私はただ洗濯物を洗濯機に入れてただけなわけよ……)



〜 台所 〜



姫神「……」


姫神(おいしいおかゆを作って。上条君に尽くす女アピール。)


姫神(お料理ができることはもうアピール済。)


姫神「よし。いい感じ。」


918 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:26:49.44 ID:f5jeO8z00

〜 20分後 〜



フレンダ「上条君、変えのタオル持ってきたよ」


上条「あー……ありがと……」


フレンダ(……本当酷い状態ね)


姫神「おかゆできた。」


フレンダ「!?」


上条「姫神も悪いな……」


姫神「こういう時は。素直に甘えること。」


上条「へーい……」


フレンダ「姫神さん」


姫神「何?」
919 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:27:23.13 ID:f5jeO8z00

フレンダ「……わ、私が上条君に食べさせてあげるわけよ!!」


姫神「!?」


姫神「私が作ったから。私が食べさせる。」


フレンダ「―――――っ!?」


姫神「……」


フレンダ「……」


フレンダ「……まっ、それが当然なわけよね」


フレンダ「ちょっと虫が良すぎたわけよ、ごめんね……」シュン


姫神「……」


姫神「フレンダさん。」
920 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:28:32.90 ID:f5jeO8z00

フレンダ「なに?」


姫神「順番に食べさせよう。」


フレンダ「」


フレンダ「え!?」


姫神「」コクリ


フレンダ「でも姫神さんが作ったおかゆだし……」


姫神「あなたとは。対等に戦いたいから。」


フレンダ「!?」


上条(戦い?こいつらゲームでもやってんのか?)
921 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:29:16.65 ID:f5jeO8z00

姫神「あなたも私も。上条君を看病したい気持ちは同じ。」


姫神「こういうときは。協力し合うべき。」


フレンダ「姫神さん……」


姫神「私も最初いけない態度をとってた。ごめんなさい。」ペコリ


フレンダ「そ、そんなことないわけよっ!!」


姫神「ありがとう。」ニコッ


フレンダ「えっと……こちらこそ」


上条「あ、あの……おかゆを……」

922 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:30:23.27 ID:f5jeO8z00

〜 1時間後 〜



フレンダ「じゃあー上条君、私達帰るね!」


姫神「また学校で。」


上条「おう、ありがとな……」



ギー ガチャ



フレンダ「……」


姫神「……」


フレンダ「姫神さん、お互い恨みっこなしで頑張りましょ」


姫神「うん。でも彼を振り向かせるのは相当苦労する。」


フレンダ「それはわかるわけよ……」


姫神「彼って……」


フ姫「鈍感だから」
923 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:31:00.82 ID:f5jeO8z00

フレンダ「」キョトン


姫神「」キョトン


フレンダ「ふ、あはははは」


姫神「ふふふふ」


フレンダ「はい!」スッ


姫神「?」


フレンダ「握手よ、握手!」


姫神「う、うん。」ギュ


フレンダ「……これからもお友達、そして恋のライバルとしてよろしくね」ギュ


姫神「こちらこそ。」



フレンダ=セイヴェルソン、姫神秋沙。
想い人が同じ2人だが彼女達の間には確かな友情が芽生えつつあった。
924 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/28(月) 22:32:15.55 ID:f5jeO8z00

フレンダ「」キョトン


姫神「」キョトン


フレンダ「ふ、あはははは」


姫神「ふふふふ」


フレンダ「はい!」スッ


姫神「?」


フレンダ「握手よ、握手!」


姫神「う、うん。」ギュ


フレンダ「……これからもお友達、そして恋のライバルとしてよろしくね」ギュ


姫神「こちらこそ。」



フレンダ=セイヴェルン、姫神秋沙。
想い人が同じ2人だが彼女達の間には確かな友情が芽生えつつあった。

937 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:18:59.42 ID:vLlplDeO0

〜 1月20日 第一七七支部 〜



固法「突然ですが……慰安旅行に行きます!」


一同「は!?」


海原「固法さん、急にどうしたんですか?」


固法「……実は理事会からのご褒美でね。全支部の風紀委員達に温泉旅行がプレゼントされたの」


一同「おー!!」


固法「それで私達、第一七七支部は来週の29日、30日に1泊2日で箱根に行くことになりましたー!」


一同「うおー!!」パチパチパチ


青ピ「温泉や!!」
938 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:19:49.66 ID:vLlplDeO0

絹旗「超楽しみです!」


麦野「ねー、固法さん」


固法「何、麦野さん?」


麦野「温泉旅行は嬉しいだけどさ、その間風紀委員の活動はどうするの?」


一同「あっ……」


固法「それなら心配ないわ。他の支部がカバーしてくれることになってるから」


一同「おー!」


固法「そのかわり、他の支部が慰安旅行の時は私達が協力することになるから」


麦野「なるほどね」
939 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:20:36.53 ID:vLlplDeO0

固法「ということなので皆さん、29日、30日は予定空けておいてね。本日お休みの人達には私からメールしておくから」


一同「はーい」


固法「では今日はこれで解散です。お疲れ様でした」


一同「お疲れ様でーす」



〜 同日夜 上条宅 〜



アノヒミタソラ アカネイロノソラヲ〜♪


上条「おっ、メールだ」


トナリノトトロ、トトロ〜♪


垣根「俺もだ」
940 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:21:34.09 ID:vLlplDeO0

上条「何々……」


垣根「ふんふん……」


上垣「……温泉旅行だとぉぉぉぉ!!??」


上条「しかも費用は理事会持ち?」


垣根「理事会の馬鹿共はたまにはいいことするじゃねーか」


上条「温泉楽しみだな」


上条(記憶なくなる前って温泉行った事あんのかな?)


垣根「箱根っていうのもいいな」


上条「垣根は温泉好きなのか?」


垣根「まーな!ってかあんま嫌いな奴いないだろ?」


上条「それもそうだな」
941 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:22:25.67 ID:vLlplDeO0

垣根「そろそろウイイレ続きしようぜ?」


上条「……いいけど俺に勝てるかな?」ニヤリ


垣根「はん!俺のオランダ代表が負けるわけねーだろうが」


上条「ふん!さっき俺のブラジル代表に負けただろうが」


垣根「うっ!!??」


垣根「さっきのはハンデだ……」


上条「はいはい、さようですか」シラー


垣根「てめぇ、上等だぁぁぁ!次は5-0で勝ってやるよぉぉぉ!!」


上条「5-0だと?」ピクッ


上条「いいぜ、垣根……お前が俺のブラジル代表に5-0で勝てると思ってるなら……」


上条「まずは……そのふざけた幻想をぶっ殺す!!」


垣根「はん!俺の未元サッカーに常識は通用しねぇぇぇ!!!」


この後、2人の熱い戦いは深夜3時まで続いた……
942 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:23:52.50 ID:vLlplDeO0

〜 1月29日 早朝 第一七七支部前 〜



黄泉川「慰安旅行を引率することになった黄泉川だ。よろしくじゃん」


一同「よろしくお願いしまーす」


浜面(よりによって黄泉川が引率かよ……)ブツブツ


黄泉川「浜面、今何か言ったかな?」


浜面「」ギクッ


浜面「な、何も言ってませーん」アセアセ


黄泉川「……ならいいんだけど」ジロー


浜面(やっぱこいつ苦手だ……)
943 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:25:26.74 ID:vLlplDeO0

浜面(半蔵もこんな奴のどこがいいんだか……)


垣根「黄泉川さんが引率者ってのはわかったが……」


一同「?」


垣根「なんで風紀委員に関係ない奴らがいるんだよ!」


一方通行「あン?」


芳川「私達のことかしら?」


垣根「お前達以外いねーだろうが!」


打ち止め「黄泉川に誘われたのってミサカはミサカは理由を述べてみる!」


一方通行「俺はどっちでもよかったんだけどな……」
944 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:26:43.90 ID:vLlplDeO0

番外個体「あなたって本当に素直じゃないね」


一方通行「……うぜェ」


固法「黄泉川先生、確かに風紀委員と警備員以外の同行はまずいのでは?」


黄泉川「理事会の許可も得てるから大丈夫じゃんよ」


固法「あら、そうだったんですか」


垣根「理事会も随分と緩くなったもんだ……」


黄泉川「とりあえずとっととバスに乗り込むじゃん!」


一同「はーい」



黒子「」ジー


黒子(大きいお姉さまと小さいお姉さまっ!?)


黒子(一体どういうことですの!!??)


黒子「……」


黒子(まー理由はどうでもいいですの……)


黒子(それより……)ハァハァハァハァ


番打「」ゾクッ
945 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:27:50.03 ID:vLlplDeO0


上条「さてと行きますか〜」


フレンダ(上条君の隣の席を確保したいところだけど……)


一方通行「だりィ……」


青ピ「ボクは酔いやすいから窓側の席が……」


黄泉川「ほら、とっとと座るじゃん!」
946 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:28:49.20 ID:vLlplDeO0

バス座席表
(マイクロバスだと思って下さい)



――――――――――――――――――――
         |
         |  黄泉川(運転席)
         |
         |
         |      芳川
         |        
         |
 上条  固法  | フレンダ  初春
         |
         |
土御門 垣根  | 絹旗   麦野
         |
         |
 滝壺  浜面  | 海原   青ピ
         |  
         |
番外個体 黒子 | 一方通行 打ち止め
――――――――――――――――――――
947 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:29:57.05 ID:vLlplDeO0

黄泉川「んじゃ出発〜」



上条「固法さん、よろしくお願いします」


固法「うん、こちらこそよろしくね」



絹旗「あれ、フレンダ」


フレンダ「何?」


絹旗「上条さんの隣じゃなくていいんですか?」ヒソヒソ


フレンダ「これでいいのよ」ニッコリ


フレンダ(姫神さんや美琴いない間に私だけってのは卑怯だしね)


フレンダ(正々堂々と彼女達に勝ってみせるわけよ!)
948 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:30:45.20 ID:vLlplDeO0

絹旗「?」


絹旗「……じゃあー私、自分の席座りますね」


フレンダ「うん、またね」



垣根「土御門、俺寝るから着いたら起こしてくれー」


土御門「了解だにゃー」




黒子「白井黒子と申しますの。目的地までよろしくお願いしますわ」ペコリ


番外個体「よろしくねー」


一方通行「……」


打ち止め「こちらこそよろしくね!ってミサカはミサカは元気に挨拶してみる」


黒子(…………はうっ!!)ズッキューン

949 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:31:42.95 ID:vLlplDeO0

黒子(何ですの……このミニお姉さまの笑顔の破壊力は……)


黒子(……そして)チラッ


番外個体「ん?」


黒子(……この鋭い目つき……)ハァハァ


黒子(黒子、目的地まで持ちそうにないですの……)ハァハァ


黒子「うひひひ……」ジュルジュルー


番外個体「うっ!?」ゾクッ


打ち止め「ねー、あの人怖いよーってミサカはミサカは耳打ちしてみる」ヒソヒソ


一方通行「確かにこえーなァ……」
950 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:32:16.27 ID:vLlplDeO0

青ピ「海原君、よろしゅう」


海原「こちらこそ」


海原(しかし……)チラッ


海原(打ち止めさんの方は知ってますがあの方もクローンなのでしょうか……)


海原(成長した御坂さんに小さい御坂さんですか……)


海原(これはこれはとても有意義な旅行になりそうですね)ニヤリ


海原「ふふふふふふふ……」


青ピ「う、海原君?」



絹旗「はぁ……」


麦野「どうしたの?絹旗」


絹旗「いえ……どうせなら白井さんとお隣がよかったなーって思って」


麦野「……私とじゃ不服かしら?」


絹旗「」ビクッ


絹旗「いえ!そんなことありませんよ、麦野!」


麦野「……まっ、いいけどね。私も寝るから着いたら起こしてちょうだい」


絹旗「わかりました」
951 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:33:23.25 ID:vLlplDeO0

〜 出発から1時間後 〜



上条「うぅぅ……」


土御門「これで上やん、ポーカー15連敗だにゃー」


初春「これだけ負けるのも難しいですよね!」


固法「勝負運がないのね」


フレンダ「ド、ドンマイよ!上条君!!」アセアセ


上条「どうせ俺は勝負事に勝てない男ですよ……」ブツブツ


土御門「それが上やんだにゃー」



黄泉川「そろそろパーキングに着くじゃん!」
952 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:34:25.99 ID:vLlplDeO0

〜 パーキングエリア 〜



黄泉川「お手洗い行きたい奴は行ってくるじゃん」


一同「はーい」



垣根「あん?もう着いたのか?」


土御門「まだパーキングだぜい」


垣根「パーキングか……じゃあーまた寝るかな」


土御門「よく寝る奴だぜい」


垣根「」グーグー

953 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:35:18.13 ID:vLlplDeO0


浜面「海原、お前降りるか?」


海原「いえ、自分は大丈夫なのでこのまま乗ってますよ」


浜面「んじゃー滝壺のことお願いしていいか?肩寄りかかれたままで動けねーんだ」


海原「ええ、いいですけど」


浜面「んじゃー頼む!結構トイレ我慢してたんだ!!」


海原「はい、いってらっしゃい」


浜面「悪いな!」ダダダッ


滝壺「」スースー


海原「……」


海原「確かにこの寝顔をされては起こすのは気が引けますね」


954 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:36:32.36 ID:vLlplDeO0

黒子「大きいお姉さまぁぁ!お手洗いご一緒しましょう!」


番外個体(大きいお姉さま?)


番外個体「別にいいけど……」


黒子「では参りましょう」


黒子「ぐふふふ、ぐふふふふふ」


番外個体(この子、イカれてるの?)



その後、女子トイレで番外個体を覗こうとした黒子が電撃で撃沈されたのは言うまでもない。



打ち止め「」スースー


一方通行「……」


一方通行(たくっよォ……気持ちよさそうに寝やがってェ……)


一方通行(……まっ、こういうのも悪くねェな)
955 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:37:33.53 ID:vLlplDeO0

上条「なんか少し腹減ったからなんか買いにいくかな」


フレンダ「あっ、私も行く」


絹旗「私も行きます!」


初春「私もいいですかぁ?」


上条「おう、皆で行こうぜ」


フレンダ(2人きりになれなかったか……)


上条「上条さん、給料入ったので皆に奢りますよー」


初春「え?いんですか?」
956 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:38:11.96 ID:vLlplDeO0

絹旗「流石、上条さん!超太っ腹です」


上条「まーこれでも年上ですから」


フレンダ「……私は同い年なんだけど?」ジロー


上条「じゃあー……フレンダだけ奢りなしで!」


絹旗「ナイスアイディアです!フレンダに奢る必要はありません」


フレンダ「何でそうなるわけよっ!」



>アハハ



海原「……」


海原「一方通行さん」
957 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:39:25.12 ID:vLlplDeO0

一方通行「あン?」


海原「この平和な日常……少しは慣れましたか?」


一方通行「……」


一方通行「少しはな……」


海原「!?」


海原(おやおや、意外な答えが返ってきましたね)


一方通行「そういうてめェはどうなんだよ?」


海原「自分ですか?自分は今の生活は気に入ってますよ」ニッコリ
958 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/03/31(木) 22:40:36.72 ID:vLlplDeO0

一方通行「暗部いた頃よりか?」


海原「ええ。暗部時代と違って信頼できる仲間もいますから」


一方通行「……ちげェねェ」フッ


滝壺「」スースー


打ち止め「」スースー


海原「一方通行さん」


一方通行「あン?」


海原「打ち止めさんの寝顔を写真取っても「駄目だ」」


海原「」ガックシ
972 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:13:59.08 ID:YNHol9/W0

〜 星のおうじさまミュージアム 〜



黄泉川「まずはここからじゃん」


おのおのとバスから降りるメンバー達。


上条「へー、ここが前にTVでやってた」


固法「あら、上条君知ってたの?」


上条「たまたまTVで見ただけですけどね」


垣根「星のおうじさまか……まさに俺にぴったりな言葉だな」


麦野「えせホストが何言ってるんだか」フゥー


垣根「」ピキッ
973 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:15:07.53 ID:YNHol9/W0

垣根「うるせぇぞ!くそババァ」


麦野「」プチッ


麦野「私はまだ高校生だぁぁぁぁ!!!」


絹旗「またあの2人は……」


海原「逆に仲良しに見えますね」


滝壺「確かに」


垣麦「見えねーよぉぉぉぉぉ!!!」
974 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:16:23.01 ID:YNHol9/W0





初春「あー!チャペルがありますよぉ!」


打ち止め「ぬぬぬ!?これがチャペル!ってミサカはミサカは生まれて初めて見たチャペルに感動してみたり!」


黒子「可愛いデザインですわね」


絹旗「超可愛いです」


フレンダ(チャペルか……懐かしいな)



青ピ「女の子はあういうの好きやね」


土御門「だにゃー」


一方通行「ちっ、あういうのどこがいいんだか」


上条「まーまー、そう言うなよ。結構いいじゃねーか」
975 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:18:18.48 ID:YNHol9/W0


垣根「だな」


一方通行「ふん、さすがクソメルヘン。てめェの趣味にぴったりってか?」


垣根「いい加減名前で呼びやがれ……」


一方通行「俺がどう呼ぼうが俺の好きだろう「ふんっ!!」」ガツッ


一方通行「ッ痛!?」チラッ


黄泉川「ったく、お前は旅行先でも挑発的な態度取るんじゃないよ!」


一方通行「うっせーな……」


黄泉川「これ以上反抗的な態度取るなら打ち止めに言って演算止めさせるじゃん?」


一方通行「!?」

976 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:19:19.44 ID:YNHol9/W0

一方通行「……わかったよ」


黄泉川「ものわかりがよくてよろしい」



垣根「おいおい、学園都市最強の男が女教師には逆らえないってか?」ニヤニヤ


土御門「これはこれは面白いものを見せてもらったにゃー」ニヤニヤ


浜面「写真撮っておけばよかったな」ニヤニヤ


海原「まーまー、せっかくの旅行なんですし皆さん仲良くしましょうよ」ニヤリ


一方通行「て、てめェら……」


青ピ「羨ましいわ」ボソッ


一同「え!?」
977 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:20:28.56 ID:YNHol9/W0

〜 レストラン 〜



固法「黄泉川先生、旅館にはいつ頃着く予定なんですか?」


黄泉川「17時くらいが目安じゃん」


固法「ありがとうございます」



番外個体「ふーん、これがフランス料理か」モグモグ


黒子「大きいお姉さま。フランス料理は初めてですの?」


番外個体「まーね。食う機会がなかったからさ」


打ち止め「うん!学園都市以外のレストランは初めてだけど満足ってミサカはミサカは感想を述べてみる!」


番外個体「そういえば私も学園都市以外の飲食店は初めてだね」
978 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:21:30.21 ID:YNHol9/W0

黒子「……」


黒子(右側に大きいお姉さま、左側に小さいお姉さま……)


黒子「うへっ」ジュルリ


番打「うっ!?」


打ち止め「ねえ、朝から思ってたんだけどこの人大丈夫なのかな?ってミサカはミサカは不安な胸中をあらわしてみたり」ヒソヒソ


番外個体「ノーコメント……」


黒子「ぐふふふふ……」




浜面「うめーな!フランス料理なんか縁なかったから感動するぜ」


海原「ええ、見事なお味ですね」
979 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:22:35.26 ID:YNHol9/W0

上条「超貧乏だった上条さんにはかなり眩しく映るぞ」


青ピ「昼食もやけど旅館の食事も楽しみやね」




一方通行「」モグモグ


垣根「」モグモグ


麦野「」モグモグ


フレンダ「……」


シーン


フレンダ(気まずすぎるわ……)


フレンダ(なぜ……こうなったわけよ……)
980 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:23:42.75 ID:YNHol9/W0

〜 17時半 旅館 〜


黄泉川「着いたじゃん」


>オーキレイナリョカンダ
>オンセンタノシミダ


上条「へー、結構大きい旅館だな」


土御門「だにゃー」


青ピ「固法さん」


固法「何?」


青ピ「温泉は混浴やろか?」キリッ


固法「……」


固法「違うわよ」


青ピ「」ガックシ
981 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:25:30.33 ID:YNHol9/W0

垣根「残念だったな、青髪」


海原「混浴じゃないからって女湯に瞬間移動しないで下さいよ」


青ピ「……」


青ピ「はっ!その方法があったやん!!」


一同「オイ!!!」



一方通行「……賑やかな連中だな」


芳川「でも貴方もこれからあっちの世界で生きていくんだから慣れなくちゃね」


一方通行「……」


一方通行「ニートのくせに立派なこと言うじゃねェかァ」


芳川「就職難民と言って欲しいわね」


一方通行「お前、就職活動してねェじゃねェか」


芳川「……」


一方通行「だんまりですかァ?」


芳川「さて、温泉が楽しみだわ」


一方通行「無視かよ!?」
982 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:26:19.78 ID:YNHol9/W0






女将「ようこそいらっしゃいました」ペコリ


黄泉川「今日、明日と2日間よろしくお願いします」ペコリ


一同「お願いしまーす」


女将「ではお部屋にご案内致します」







絹旗「結構綺麗ですね」


黒子「そうですわね。旅館というものは初めてなので楽しみですわ」


絹旗「初めてなんですか?」


黒子「ええ。旅行する時は毎回ホテルなものですから」


絹旗「なるほど。かくいう私も旅館初めてなので超楽しみです」
983 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:26:59.81 ID:YNHol9/W0

黒子「絹旗さん、部屋に着いたら早速温泉に入りませんこと?」


絹旗「超オーケーです!」


黒子「大きいお姉さまと小さいお姉さまもいかがでしょう?」


打ち止め「え?」


番外個体「まー、部屋いてもやることないしいいけど」


黒子「では後ほど皆さんで行きましょう」ニッコリ


黒子(計画通り)ニヤリ
984 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:27:55.74 ID:YNHol9/W0

◇部屋割り◇


・黄泉川、芳川、打ち止め、番外個体

・麦野、初春、固法

・滝壺、絹旗、フレンダ、黒子


・上条、垣根、一方通行

・浜面、海原、青ピ、土御門



固法「ではご夕食の時間まで各自自由行動ということで」


一同「はーい」



ワイワイガヤガヤ
985 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:29:26.90 ID:YNHol9/W0

〜 滝壺達のお部屋 〜


フレンダ「結構広いんじゃない?」


滝壺「確かにこれで4人は広いかも」


絹旗「部屋は広いことにこしたことはありませんよ」


黒子「ですわね……では絹旗さん」


絹旗「はい!」


フレンダ「どこか行くの?」


黒子「ええ。ご夕食まで時間もありますので温泉にでもと思いまして」


絹旗「フレンダと滝壺さんもどうですか?」


フレンダ「そうね……どうする?」チラッ


滝壺「部屋にいてもやることないし私もいく」


フレンダ「じゃあー、私も行くわけよ」


黒子「では皆さんで行きましょう」

986 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:30:23.89 ID:YNHol9/W0

〜 麦野達のお部屋 〜



麦野「はぁ〜、色々回って疲れた〜」バタン


固法「あらあら、相当お疲れのようね」


初春「お二人とも、温泉はどうします?」


麦野「私は夕食後でいいかな。今は寝たい」


固法「私はもう少し経ってから入りに行くわ」


初春「では私も少し疲れたので仮眠しますね」


固法「わかったわ。ご夕食の時間になったら2人共起こすわね」


麦野「ありがとう」


初春「ありがとうございます」ペコリ

987 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:31:27.03 ID:YNHol9/W0

〜 黄泉川達のお部屋 〜



番外個体「さて……じゃあー打ち止め行こうか?」


打ち止め「うん!ってミサカはミサカは初めての温泉にワクワクしてみたり!」


芳川「あら、もう温泉に入るの?」


番外個体「風紀委員の子に誘われてね。部屋にいても暇だから行ってくるよ」


打ち止め「黄泉川と芳川はどうするの?ってミサカはミサカは質問をしてみたり」


黄泉川「私は運転疲れで仮眠するじゃん」


芳川「私もバスで座りっぱなしで腰が痛いから休んでるわ」


打ち止め「……やっぱり人間、ある程度年を取ると体力が落ちるってミサカはミッ!?」グリグリ


打ち止め「って2人共、ミサカの頭をグリグリしないで!ってミサカはミサカは理不尽な暴力を涙目で訴えてみたり!!」


番外個体「……」ハァー
988 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:32:21.24 ID:YNHol9/W0

〜 上条達のお部屋 〜



上条「さてと荷物も置いたし俺は温泉行ってくるけど?」


垣根「あっ、俺も行くわ」


一方通行「俺も行くぜェ」


上条「んじゃー皆で行きますか」



〜 浜面達のお部屋 〜



青ピ「いいお部屋やね〜」


海原「そうですね。風情があって素晴らしいです」


浜面「俺も畳のほうが落ち着くんだよなー」


土御門「その気持ちわかるぜよ」



ガラガラ



一同「?」
989 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:33:16.42 ID:YNHol9/W0

上条「おっす!俺達温泉入りに行くんだけどお前らもどうだー?」


青ピ「ならボクも行くで〜」


浜面「俺も温泉で疲れとりてーや」


海原「では自分もお供させていただきます」


土御門「俺も行くぜよ」


上条「んじゃー廊下で待ってるから」



ガラガラ










一方通行「しかし理事会から慰安旅行とはなァ……」


垣根「あん?」
990 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:34:18.35 ID:YNHol9/W0

一方通行「第三次世界大戦前とはえらく違ェじゃねーか」


垣根「……そうだな」


一方通行「そういえば前会った時に聞くの忘れてたんだけどよ」


垣根「ん?」


一方通行「お前、アレイスターへの直接交渉権はもういいのかよ?」


垣根「……」


垣根「ああ。もうどうでもいい」


一方通行「!?」


垣根「俺は今の生活を結構気に入ってんだよ」
991 :垣根ふもっふ ◆GYytgHdddo[sage saga]:2011/04/01(金) 22:34:56.89 ID:YNHol9/W0

一方通行「……俺と前戦った時とは大違いだな、この野郎」


垣根「大馬鹿だっただけなんだよ……俺もそしてお前もな」


一方通行「……はンっ、違ェねェ」ニヤリ



浜面「わりぃ、待たせた!」


青ピ「あれ、上やんは?」


垣根「上条ならトイレだ。もうあっちに行ってるんじゃねーか?」


海原「では待たせるのも悪いですし行きましょう」


土御門「だにゃー」



posted by SS at 23:25| Comment(0) | とある魔術の禁書目録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。